自炊代行の著作権についての疑問点について詳しく丁寧に解説するサイト『自炊代行Q&A』
自炊代行の著作権についての疑問点について詳しく丁寧に解説するサイト『自炊代行Q&A』

 

本といえば今までは紙でしたが、最近では電子書籍という言葉も聞かれるようになりました。
これは従来の本とは違い、電子データ化された書籍です。
しかしまだまだ成熟していない市場であり、電子化されているのはほんの一部であるため、
読者の希望する書籍が揃っていないのが現状です。
そこで手持ちの紙の本を裁断してスキャナーで読み込む自炊が行われるようになり、それを
代行する自炊代行業者がでてきました。
この自炊代行が適法なのか違法になるのかについては実に多くの意見があり、法律に詳しい
人でないと判断の難しいところでしょう。
このサイトではそれら意見や疑問に答えるQ&Aを用意しました。
自炊代行を考えている方など、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

自炊は違法?

個人で電子書籍を自炊することは著作権法違反にはなりません。自分で購入した本を裁断する行為も問題になることはありません。

裁断済みの書籍は?

裁断済みの書籍をネットオークションなどに出品する行為は、違法とする法的根拠がないという解釈をされています。

裁断書籍の購入は?

裁断された書籍を購入することは違法行為にはなりません。 裁断済み書籍を購入するだけならば譲渡権の対象にも該当しません。

自炊代行は適法?

権利者から複製の許可を取らなければ違法と解釈されるかもしれません。私的複製の規定では「使用する者が複製することができる」とされています。

家族で共有するのは?

スキャンしたデータを家族や数人のグループ内で共有することも適法です。そのためのスキャンも私的複製に含まれます。

復元できなくても複製?

自炊代行サービスでは書籍を裁断するので、本として元のように読めなくなってしまうから複製行為にはならない、著作権法違反ではない、という意見もあります。